アドエクスチェンジを使い始める

最終更新日: 2018 年 7 月 11 日

OpenX Ad Exchange はグローバル リアルタイムビディング アドエクスチェンジです。セルフマネージドパブリッシャーアカウントを持つパブリッシャー販売する広告枠を持つ企業を表すアカウントタイプ。は、OpenX Ad Exchange for Publishers を使って、ウェブまたはモバイルの広告枠広告を表示するために確保されている、ウェブページ上の領域。を販売できます。

基本概念と要素

OpenX Ad Exchange には、次のような基本的概念があります。これらの概念の多くは OpenX アドサーバーパブリッシャーが各自の広告在庫をあらゆるデジタル形式で販売、管理、配信する、完全デジタルの広告用プラットフォーム。でも使用されます。

パブリッシャー向け OpenX Ad Exchange を介したウェブまたはモバイル広告枠販売の必要事項:

  1. OpenX のサポートコミュニティからドメインの承認を得ます。

  2. 販売する広告枠がある特定のウェブサイトを表すサイトを作成します。

    サイトの作成時には、デマンドスタックと最適化に留意します。計画の定義方法や、ウェブとモバイルの差別化などの考慮する点については、OpenX のサポートコミュニティにアクセスしてご覧ください。

  3. OpenX を介して提供する実際の広告枠を表す広告ユニットを作成します。

    注記:  新しい広告ユニットについて、サイズ、フロア CPM「Cost per Mille (コストパーミル)」の頭字語。インプレッションの数(1000 回当たり)に基づいて費用を計算する価格設定方法です。、パスバックの広告タグを必ず確認します。パスバック広告タグは、広告が空白になるのを回避する場合に掲載するフォールバック(代替)広告用の HTML コードです。

  4. 自分の広告枠内の広告ユニット用の広告タグを実装します。

  5. アドクオリティフィルターとカテゴリーを設定します。

次のステップ:

レポートの生成スケジュールによって、在庫のパフォーマンスをトラッキングします。

次のレポートを推奨します。