パブリッシャー向けの GDPR インテグレーションサポート

最終更新日: 2018 年 7 月 11 日

一般データ保護規制(GDPR)の施行に伴い、この規制に準拠するためには、OpenX Ad Exchange への接続方法の変更や、同意管理プロバイダ(CMP)フレームワークの実装など、特定の処理が必要な場合があります。

変更が必要なインテグレーション

次のいずれかの方法を使用して Ad Exchange に接続する場合は、GDPR に準拠するため、インテグレーションのアップグレードが必要です。

注記: OpenX は IAB の同意フレームワークをサポートしています。

変更の必要がないインテグレーション

次のインテグレーション方法のいずれかを使用している場合は、GDPR 準拠のための変更は必要ありません。

サポートされていないインテグレーション

次の MoPub インテグレーションでは、GDPR 同意信号を渡すことはできません。

  • Bidder for Apps
  • DoubleClick for Publishers(DFP)のモバイル JavaScript タグ
  • MoPub JavaScript タグ

CMP オプション

CMP はパブリッシャー販売する広告枠を持つ企業を表すアカウントタイプ。に代わって、同意するユーザーからの情報を収集して保管し、その情報をアドエクスチェンジとデマンドパートナーOpenX Ad Exchange で広告在庫を購入する会社。に渡します。CMP の実装を設定する際、ベンダーに必ず OpenX を含めるようにしてください。OpenX でサポートされている CMP のオプションの例:

  • IAB に準拠する CMP(OpenX の推奨): 詳細については、advertisingconsent.eu を参照してください。
  • Google Funding Choices