PMP でのディール

最終更新日: 2017 年 11 月 6 日

プライベートマーケットプレイスのディールを使うと、主要なパブリッシャー販売する広告枠を持つ企業を表すアカウントタイプ。に直接連絡し、高品質の在庫ウェブサイトやアプリなどで利用できる広告枠。OpenX の在庫の基本単位は広告ユニットです。にアクセスしたうえで、OpenX SSRTB を介してこれらのディールを実施することができます。次のタイプのディールがサポートされています。

参加要件は次のとおりです。

SSRTB ディールのラインアイテムの作成

  1. [オーダー]タブを選択して、1 つのオーダーについてSSRTB ラインアイテムを作成します。

  2. [バイイングメソッド][SSRTB ディール]に設定します。
  3. [保存]をクリックします。

ディールの機会は OpenX がその他の RTB「Real-time Bidding (リアルタイムビディング)」の頭字語。アドエクスチェンジ内のオークション用オンライン在庫です。バイヤーはユーザーの価格に基づいてインプレッションに入札し、セラーは価格フロアを設定し、最も高いビッダーにインプレッションを与えます。オークションのプロセスはミリ秒単位で行われることから、このプロセスは「リアルタイム」と呼ばれています。 取引について送信するのと同じリクエストで送信されます。リアルタイムビディングが OpenX OpenRTB に統合されている場合は、プライベートマーケットプレイスでの RTB 実装に参加する準備が整っています。

プライベートマーケットプレイスに参加するための設定が終わると、OpenX API を使って、参加資格のあるディールの一覧を返すことができます。詳細については、『API 開発者ガイド』を参照してください。